ゆうしのシステムトレード株記録プラス

システムトレードの達人』と『イザナミ』を使った日本株のシステムトレードで、経済的自由の獲得を目指します!! 岐阜の兼業投資家がトレード成績を毎日更新します。

取引日記

2017.11.10敗北・週のまとめ

◇今日の損益-7万(評価損益含む)
◇今週の損益+99万(評価損益含む)
◆今月の累計損益+56万(評価損益含む)

今日は残念ながらマイナスでした。
今週は月間損益がプラ転してよかったです。
相場の雰囲気が9日の後場から急に変わって、来週も要警戒のようですかね…。
よく分かりませんが…。

下げ相場でも大損しないようなバランス感覚を身につけたいですね。

昼休憩時(12時頃)にマイナス30万くらいで、引けにかけて損失が減りました。


自分はトレーダーとして、市場の考えを淡々と見つめ、市場の考えに淡々と従います。
またシステムトレーダーとして、日々シグナル通りに仕掛け、手仕舞いを繰り返すことに集中します。

ポチッと応援よろしくお願いします
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ 
ブログ更新の励みになります。ありがとうございます

まだストラテジーがあまり無い方は、参考になるサイトです。(使用するにはアレンジが必要です)
株システムトレードならトレジスタ・ストラテジーオンライン
システムトレードのテラス
システムトレードの達人ストラテジー販売(fx-on)

システムトレードに興味を持った方は要チェック!
12週間システムトレード実践プログラム
システムトレードの達人(fx-on)
株システムトレードソフトイザナミ

2017.11.9連勝3

◇今日の損益+16万(評価損益含む)
◆今月の累計損益+63万(評価損益含む)

今日も運よくプラスでした。
日経平均は結構激しい値動きでしたね。
前場はイケイケドンドンだったのに、後場になって急に雰囲気が変わりましたね…。

とある銘柄を昨日ストップ高で持ち越したのに、今日はストップ安張り付きで手仕舞いできませんでした。
決算持ち越しはリスク高いですね。今後気をつけます。
どう気をつければいいか分かりませんが…w

昼休憩時(12時頃)にプラス30万くらいで、引けにかけて利益が減りました。

『必要なのは感情である』(翁氏のブログ)

相場を張る上で感情を制御せよと言われている。

機械的売買でコンピューターのように論理的かつ客観的判断を下し続けなければならないと言われている。

しかし本当にそれが出来るならコンピューターは要らなくなる(笑)

人間は感情があるから良いのである。

相場を張る上で必要なのは感情である。

機械的に売買せよと日頃から述べる私がこう述べるのは矛盾を感じるかもしれない。

その通り矛盾しているのである(笑)

ただ事実がすべてを物語っている。

もし機械的売買しかしないコンピューターが論理的に合理的に効率的に客観的にプログラム売買をこなすのが最大利益を享受出来るのであれば、バフェットは存在していないのである。

コンピューターがバフェットを超える総資産を築いていなければならない。

もちろんバフェットは感情的な主観的売買をこなしているわけではない。

彼だけの銘柄選択眼があり、その基本は書物で提示されてもいるが、実際に彼自身がいつどんな銘柄を売買するのか決断している。

仮にコンピューターの方がよい結果をもたらすならコンピューターにお任せした方がよいのだが、そういうことにはなっていない。


私も検証作業には間違いなく正しい結果を迅速に表示してくれるコンピューターは有り難く使っているが、売買判断はやはり私自身が最終決断をしている。

買いシグナル売りシグナルが点灯してもそれを実際に売買するかどうかの判断は私の敢えて誤解を恐れずに述べれば感情的判断なのである。

人間は感情がある故に、客観的にこれがよいと判断したとしてもそれを実践しない決断を下すことがある。

従って非合理的であったり非効率的であるかのように見えることをする。

しかしながら実はそこにこそ大きな巨額な資産増殖可能性が眠っているのである。

従ってコンピューターのプログラム売買でバフェットを超えるような数字をたたき出しているものは現在のところ一つもない。

圧倒的資金量によって微々たるパーセンテージで収益を出し続けることができるシステムは開発されているのだが、そこが限界となっている。

AIによってコンピューターが自ら学び改善して圧倒的なものを示すことが出来るようになるかどうかはもちろん将来の話としては分からないが、それが出来るためにはやはり人間の感情というものへの理解、つまり数値化できるものなのかどうかというところに鍵があるのであろう。

私は感情は数値化出来ないと考えている派なので現在も相場を張っているAIにも負ける気がしないし、将来もあり得ないと考えているが、このことからも相場を張る上で必要なのは感情であるということを裏付けているように思う。


さて誤解なきようにしてもらいたい。

感情を爆発させたいい加減な主観的売買で成功し続けることが出来るほど相場は甘くない。

現相場は可能でもそれは永遠には続かない。

常に優位性のある適切な手法で機械的に売買することが大事である。

しかしそこでコンピューターによる自動売買と分ける領域としてあるのはやはり人間の感情であるということになる。


私も含め投資家にとっての課題は常にこの自分の感情というものを排除しようとするのではなく、排除できるわけがなく、相場にどう生かしていくとよいのかという点なのである(笑)



以上が翁氏のブログからの情報です。
感情をうまくコントロールして、シグナルに従えるようにしていきます。

自分はトレーダーとして、市場の考えを淡々と見つめ、市場の考えに淡々と従います。
またシステムトレーダーとして、日々シグナル通りに仕掛け、手仕舞いを繰り返すことに集中します。

ポチッと応援よろしくお願いします
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ 
ブログ更新の励みになります。ありがとうございます

まだストラテジーがあまり無い方は、参考になるサイトです。(使用するにはアレンジが必要です)
株システムトレードならトレジスタ・ストラテジーオンライン
システムトレードのテラス
システムトレードの達人ストラテジー販売(fx-on)

システムトレードに興味を持った方は要チェック!
12週間システムトレード実践プログラム
システムトレードの達人(fx-on)
株システムトレードソフトイザナミ

2017.11.8連勝2

◇今日の損益+35万(評価損益含む)
◆今月の累計損益+47万(評価損益含む)

今日も運よくプラスでした。
決算絡みで大幅プラス、マイナスが入り混じってますね…。
日経平均は23000円を突破できるのでしょうか…。

昼休憩時(12時頃)にほぼトントンで、引けにかけて利益が増えました。

『対応するということ』(翁氏のブログ)

プロの領域においては最終的にはこの対応するということが大事となる。

野球において投手が投げる球の出来の微妙な差異が何千回何万回と投げている一流の投手には修正を余儀なくされる大きな出来事となり、別人のピッチングとなることもある。

プロであるなら短期決戦であるなら数球投げてそれを察知し即対応出来る必要があるが、それができる超一流投手というのは世界を見ても極々わずかである。

対応するということは本当に難しいのである。

だから使う球は常に一定である作りであればあるほど思ったように投げ続けられやすいのは言うまでもない。

相場も同様であり、一定の形態がずっと続く相場であり続けてくれればこんなに楽なことはなく、良い仕事を継続できるのだが、残念ながら相場も変化し続けているので、決まっていた形態に変化が生じることは多々である。

プロはそこで迅速に察知して適応できる能力のある者である。

相場の変化を機敏に察知して売買に微妙な変化を持たせるというのはプロ中のプロの投手が指先の力に微妙な変化を加えたり減じたり、握りを一ミリ変えたりするのと同じことである。

そしてまあプロ中のプロでなくても、プロであれば投げ込みを行うことによって大体は変化に対応するように、プロの相場師は張り続けていく中でその変化に対応していく。

ここを言葉で説明することは不可能である(笑)

誠に申し訳ないことなのだが、ここは言葉では表現できないことなのである。

実際に感じてもらう以外に分からないし、どういう感じかということさえも口では説明できない。


ただ長年飽きもせず毎日相場を張り続けているとどうしてもわかってこざるを得ない経験知というものがあるのである。

これはどんな世界でも同様で、何事もそのことを一心不乱にある程度長期にわたって日々集中して取り組んでいれば言葉では説明できないが何となくそんな感じがするという感覚が掴めるようになるのである。

ピアノを演奏しても、もちろんアマチュアでも、弾き続けていることによってわかってくることがある。

プロのピアニストであれば当然様々な新しい経験知が演奏するたびに生じているはずである。


常に環境は変化する。

その環境にいかに早く対応するのか?

そこに常に長く第一線で活躍できるかどうかの試金石がある。

一発芸人のような一過性の当たり屋がそのときは常に脚光を浴びるのだが、環境の変化に機敏に対応できずにそこにあぐらをかいていればたちまち転落していくのである。

芸人であればその栄枯盛衰そのものが芸であるとも言えるし、もちろん当たる当たらないだけが芸ではないから、下火であろうとも芸道を追求していけば掴める知はある。

いずれにせよ、対応するということが何よりも大事である。

そしてこれは一朝一夕に行く話ではなく、教えられることでもない、難しいしかしだからこそ面白い領域である(笑)



以上が翁氏のブログからの情報です。
先日紹介したあらなみ氏とほぼ考え方は同じですね。
経験を積んで、反省・改善をして、トレード技術を向上していきます。

自分はトレーダーとして、市場の考えを淡々と見つめ、市場の考えに淡々と従います。
またシステムトレーダーとして、日々シグナル通りに仕掛け、手仕舞いを繰り返すことに集中します。

ポチッと応援よろしくお願いします
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ 
ブログ更新の励みになります。ありがとうございます

まだストラテジーがあまり無い方は、参考になるサイトです。(使用するにはアレンジが必要です)
株システムトレードならトレジスタ・ストラテジーオンライン
システムトレードのテラス
システムトレードの達人ストラテジー販売(fx-on)

システムトレードに興味を持った方は要チェック!
12週間システムトレード実践プログラム
システムトレードの達人(fx-on)
株システムトレードソフトイザナミ

2017.11.7勝利

◇今日の損益+65万(評価損益含む)
◆今月の累計損益+12万(評価損益含む)

今日は運よくプラスでした。
月初からの損益がプラ転してよかったです。この調子でいけるといいんですが…。

日経平均は相変わらず強いです。1996年の戻り高値をブレイクしたようで、どこまで行くのかさっぱり分かりません。先物を売ろうとしたのを思いとどまって本当によかったです。売り豚にあやうくなるところでした。
雰囲気で高い、安いと判断するのはよくないですね。

昼休憩時(12時頃)にプラス20万くらいで、引けにかけて利益が増えました。

『重要な流動性トラップの理解』(あらなみ氏のブログ)

相場というのは、因果なもので、

誰かがお金を出してくれて、その出してくれたものが自分の利益になる

という奪い合いの構図で出来ています。

自分の利益は、誰かからひねり出さないといけない、という仕組みなんです。

自分以外は全て敵というのが相場の構図なので、

敵に自分の手口を知られることは、自分の死を意味するに等しい行為である

敵に塩を送ってはいけない


ってことです。

相場は、賭け事の一種です。というか、賭け事そのものです。

なので、

相手がいて始めて賭けが成立するのだ、ということを忘れてはいけません。

自分が買いたい時に買える板があるのは、相手が今は売りだと思って売ったからなのです。




前に、225先物は、流動性が高いから手法が知られても大丈夫だ、といって、NYリバーサル戦略を本にした人がいましたが、その後、見事にこの戦略は撃沈しました。
それまで有効に機能していたので、大勢の隠れNYリバーサルファンを巻き込んでの撃沈でした。
私もその一人でした(笑)

本を書いた女性はまるでマーケットを理解などしていませんでした。
1ミリたりとも理解できていません。

0.1%でもエッジがあれば、1兆円を駆使するヘッジファンドが軍団で参入してくるのだ

ということを全くとして理解していなかったのです。





ここまで書くと、次のように考える人も多いと思います。

「流動性のことはわかった。公開したくともできないということもわかった。ということは、勝っているトレーダーというのは、誰も知らない勝てる方法を自分だけが編み出したから勝てている、ってことなんだな!!」

というものです。

この推察は、一部は当たっています。

システムトレードなどがこれにあたるといえばあたります。

だからといって、

勝っているトレーダー = 自分だけの勝てる方法を編み出した人

という構図は単純過ぎます。



よく大工さんに例えますが、確かに特別な道具を使う腕のいい職人さんがいるかもしれません。

しかし、

殆どの名人は、市販のノミやノコなどを使い込んで、使い方が上手だから名人なのだ

ってことなんだと思うのです。

市販の道具を使っても、仕事がそれなりにはできる腕を持っているのが名人というものなんです。

簡単なことですが、

名人とは、道具が優れているから名人なのではなく、腕が優れているから名人なのだ

ということです。



私は、

特別な道具を探すことを頑張る

よりは、

市販のいい道具を使いこなすことを頑張る


方が、結果としては近道だと思っています。

特別な道具を探すことはスキルの上達につながりませんが、道具の使いこなしは経験値の蓄積が可能です。


以上があらなみ氏のブログからの情報です。
今回勝手に転載したのは一部だけですが、本当にとても参考になるブログです。
何回も読み直して、自分の頭で理解していきます。

自分はトレーダーとして、市場の考えを淡々と見つめ、市場の考えに淡々と従います。
またシステムトレーダーとして、日々シグナル通りに仕掛け、手仕舞いを繰り返すことに集中します。

ポチッと応援よろしくお願いします
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ 
ブログ更新の励みになります。ありがとうございます

まだストラテジーがあまり無い方は、参考になるサイトです。(使用するにはアレンジが必要です)
株システムトレードならトレジスタ・ストラテジーオンライン
システムトレードのテラス
システムトレードの達人ストラテジー販売(fx-on)

システムトレードに興味を持った方は要チェック!
12週間システムトレード実践プログラム
システムトレードの達人(fx-on)
株システムトレードソフトイザナミ

2017.11.6連敗2

◇今日の損益-10万(評価損益含む)
◆今月の累計損益-53万(評価損益含む)

今日も残念ながらマイナスでした。
日経平均は相変わらず強いですが、自分のシステムはフィットしませんでした。
どこまで行くのでしょうか…。さっぱり分かりません。
保有銘柄数が多くなって、何が機能していて、何が機能していないのかわからなくなってきます…汗

昼休憩時(12時頃)にプラス50万くらいで、引けにかけてマイナス転換してしまいました。

自分はトレーダーとして、市場の考えを淡々と見つめ、市場の考えに淡々と従います。
またシステムトレーダーとして、日々シグナル通りに仕掛け、手仕舞いを繰り返すことに集中します。

ポチッと応援よろしくお願いします
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ 
ブログ更新の励みになります。ありがとうございます

まだストラテジーがあまり無い方は、参考になるサイトです。(使用するにはアレンジが必要です)
株システムトレードならトレジスタ・ストラテジーオンライン
システムトレードのテラス
システムトレードの達人ストラテジー販売(fx-on)

システムトレードに興味を持った方は要チェック!
12週間システムトレード実践プログラム
システムトレードの達人(fx-on)
株システムトレードソフトイザナミ
無料お試し期間あります
株システムトレードソフトイザナミ
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
成績記録(確定損益)
2016年01月 - 138万

2016年02月 - 51万

2016年03月 + 32万

2016年04月 - 206万

2016年05月 + 95万

2016年06月 + 230万

2016年07月 + 41万

2016年08月 + 186万

2016年09月 + 192万

2016年10月 -  6万

2016年11月 - 68万

2016年12月 + 192万

◇2016年計 + 520万

2017年01月 + 108万

2017年02月 + 203万

2017年03月 + 21万

2017年04月 - 108万

2017年05月 - 155万

2017年06月 + 301万

2017年07月 + 113万

2017年08月 + 77万

2017年09月 + 251万

2017年10月 + 373万

楽天市場
Amazonライブリンク
お得なキャンペーン実施中
おすすめ投資家ショップ
最新コメント
  • ライブドアブログ